千葉のCLUB SHINEは魅惑のバスローブ美女の宝庫

千葉のCLUB SHINEは2019年9月にオープンしたばかりの新しいイチャキャバです。
千葉中央駅のすぐ近くとアクセスも良好。
そして何より注目すべきはそのコスチュームです。

バスローブとワイシャツのいいとこどりをした魅惑のデザインで、これに夢中にならなければ男ではありません。
もちろん女の子の質もとても高いです。

千葉のCLUB SHINEはバスローブ美女がいるらしい

バスローブとある理由で臨時収入があったので女の子といちゃいちゃを楽しもうといちゃキャバ検索。

まったくお触り禁止のキャバクラではものたりなく、かといってセクキャバほどのことをしたいわけではなく……。
そんなときに見つけたのがオープンしたてのCLUBSHINE。
通勤に使っている京葉線「千葉中央駅」から徒歩2という好立地。

そのほかにも千葉駅、徒歩7駅、モノレールの霞川公園駅からも近いようで、アクセス抜群ですね。
CLUB SHINEの制服はなんとバスローブとYシャツをミックスさせたものだそうです。
どんな制服だろう?
これは見るしかありません。

バスローブもYシャツも夢があり過ぎます。
最初からおっぱいや脚がバーンと出ているのもちろん素晴らしいですが、動くたびにチラ見えや少し引っ張ったら肌がこぼれてしまうのではないかという危うさは永遠のロマンです。
いちゃキャバは脱がすのが禁止なのは重々承知ですが、果たして我慢できるかどうか……。
HPをみるとキャストの写真は1人だけなので雰囲気を掴むのは難しいですが、とってもかわいいです。

そして色気がむんむん。
きっとほかの女の子もかわいい筈です。

千葉CLUB SHINEはロココ調のゆったりした雰囲気

バスローブCLUBU SHINEは21時から営業開始と少し遅めのお店です。

途中で一杯ひっかけてからいざ!
CLUB SHINEの入っているのは雑居ビルの4階ですが、下に案内のボーイさんが立っていました。
エレベーターにのって向かいます。
内装はロココ調で優雅な雰囲気でした。

白と黒を基調にしたなかにパープルのソファが鮮やかでとってもいやらしく感じます。
少人数のグループや1人客が多く、大人数でワイワイ騒ぐといったグループは見かけませんでした。
女の子がシャレにならないくらい色っぽいのでちょっと大人数で来るのには気が引けてしまうという感じでしょうか?
かく言う私も知り合いの目を気にせずにゆったりと女の子とのいちゃいちゃタイムを楽しみたいクチです。

内装が明るい色調で証明も暗すぎないのでなんだかとても優雅でリラックスした雰囲気に惹かれます。
料金は1セット40分で
21:00~22:00 7,000円
22:00~LAST  8,000円

税・サービス料
20%
カード利用手数料
10%

女の子ドリンク
1,500円~2,000円
です。
初回クーポンを使えばコミコミでワンセット4,000円とかなりお得に遊べます。

やっぱり開店直後を狙いたいですね。

千葉CLUB SHINEのサービスはとっても魅惑的

女性 タオル千葉CLUB SHINEの女の子は独特のコスチュームがとっても素敵でした。
チラリズムがたまりません。

またイチャキャバには珍しくダウンタイムもあり、膝の上に載ってくれるのでとっても満足度が高いです。

1人目

最初についてくれたA子ちゃんはコスチュームからはみ出さんばかりのオッパイと太ももが印象的な子でした。
色白でむっちりした体、ふわふわの髪の目、そしてこれぞ夜の蝶!といったばっちりメイク。

隣に座ってもらうととってもいいにおいがします。
30歳かもう少し若いくらいでしょうか?
メイクをしているとよく分かりません。
間近で見たコスチュームはデザインがバスローブなのだけれど生地がワイシャツで本当に個性的。

しかし、男のツボを的確に押さえているのがたまりません。
チャイナドレスと並ぶすばらしさです。
ただ露出が多ければいいというものではありません。
この触れなば落ちんといった風情が必要なのです。

そんなわけでむっちむちの太ももをおおう薄い布をめくりたい、めくりたい。
しかし手を伸ばそうとしたら素早くA子ちゃんにキャッチされ、にっこりと微笑まれてしまいました。
そして耳元とで「ボーイさんが来ちゃうからダメだよ」とささやくサービス付き。
A子ちゃん、テクニシャンです。

嫌がられたくないのでA子ちゃんの可愛さをたたえながら手を握ったり腰に腕を回したりしながら飲んでいるとそれとなく脚を組みかえたりしてくれました。
脚というものは細ければいいというものではありませんね。
脚を動かすたびに肉の形が変わり、やわらかく潰され……本当にいいです。
もちろん、オッパイも最高でした。

一応「上から撫でるだけ」ということにはなっているのですが、少し指に力を入れてもA子ちゃんはOKのようでした。
仏だ。
A子ちゃんの顔はとっても美しくて、文句などつけようはずもないのですが、そしてコスチュームも考案した人に惜しみない賛辞を贈りたいのですが……正直ばっちりメイクとあまり合わない。
首から上と下がちぐはぐな印象になってしまうのが少々残念です。

とはいえ、見慣れてしまえば何のこともありませんが。
それにA子ちゃんのやわからマシュマロボディが素晴らしすぎてかなりどうでもいいです。
胸を触りながら少しずつコスチュームの胸元を開いていったら、きわどいところでまたA子ちゃんの水入り。
どうしよう、ドリンクおごったらもう少しイケるかな?おごっちゃおうかな?
なんて思っているうちにボーイさんが来て、A子ちゃん交代のお時間。

指名をしようかとも思ったのですが、A子ちゃん以外の女の子とも話してみたいので今回はこれでさようなら~。
ありがとうございました。

2人目

次についてくれたB子ちゃんは黒髪が印象的な清楚系お嬢さんタイプ。
A子ちゃんのような豊満さはありませんが、楚々とした魅力があります。
25歳前後くらいでしょうか?

まつ毛がとても長くて本当にマッチが乗せられそうです。
メイクはキャバ嬢にしては薄めとなっています。
そして、この薄化粧とコスチュームのバランスが非常に良い!
コスチュームがすごく隙がある感じなので、化粧もほどほどなほうが雰囲気出るというか。
B子ちゃんがパープルのソファに腰を下ろすと貴族の娘のリラックスタイムにお邪魔している気分になります。

B子ちゃんはしゃべり方もおっとりとゆっくりでなんだか落ち着きます。
以前、別のキャバクラにいたのだけれど、体育会系のノリがあわなかったのだとか。
僕もまったりと楽しむのが好きなんだ」などといいながら体をコスチューム越しに軽く触らせてもらいました。
少し骨太の、その上に乗った薄くて柔らかい肉の感じを味わいます。

B子ちゃんはどこまで触っていいのかな?
キスしていいのかな?
さっきタイミング悪くておごれなかったドリンク、B子ちゃんにおごろうかな?
などと考えているうちにお店の証明が暗くなりました。

BGMの音量も大きくなっていきます。
「あ、時間だ。失礼しまーす」とB子ちゃんが私に向かい合う感じで脚の上にまたがると腰や胸をぐいぐい押し付けてきてくれました。
コスチュームが大きくめくれ、露になった太ももにどぎまぎしていたらB子ちゃんが手を導いてくれました。

これって触っていいってことだよね?
すべすべで素晴らしいです。
胸もコスチュームの中に手を突っ込まなければOKのようです。
時折耳元でB子ちゃんがため息を漏らしていてますます気分が上がります。

やばい、来てよかった。
あっという間にダウンタイムが終わり、B子ちゃんは膝から降りて再び横に。
何事もなかったかのようにダウンタイムの前に話していたドラマの話に戻りました。
でも、少し桃色にそまった頬が非常にかわいらしいです。

3人目

次に来てくれたC子ちゃんは先ほどのダウンタイムの名残か、コスチュームがやや乱れていて、胸元も脚も合わせが緩くて非常に色っぽかったです。
出勤して何人かお客さんをお相手した後なのでしょう。
若干コスチュームにシワができていて、それがなんともいえない生々しさを醸し出しています。

キャバ嬢には珍しいショートカットですが、細い首と肉のついていないあごのフェイスラインにとても似合っていてなかなか良いです。
20代前半かな?
第一印象は少し冷たい感じでしたが、挨拶が笑顔で、そのギャップが素敵でした。
腰も高く、すらりとした脚が魅力的です。

2人にはなかなかタイミングが合わなかったのでC子ちゃんが席に着いてすぐにドリンクを注文!とっても素敵な笑顔を貰いました。
乾杯をしてさっそくキスを貰いました。
やっぱりドリンクの力は素晴らしい。
さっきまでついていてくれた2人にもおごってあげればよかった。

C子ちゃんはとにかく脚線美が魅力的な女の子で褒めてたたえながら触らせてもらいました。
特にスポーツはやっていなかった、かけっこはむしろ遅いくらいとのことで意外でしたが、脚の使い道はスポーツだけではありませんからね。
むしろ、今大活躍です。
しかし、よく見たらかかとに絆創膏

ヒールが合わず靴連れしてしまったのだと恥ずかしそうに教えてくれました。
なんかかわいいです。
舐めて治してあげたい。
ドリンクのパワーなのか、もともとC子ちゃんが天使なのかはあるいはその両方なのかは分かりませんが、この日隣に来てくれた女の子の中で一番積極的に触らせてくれた女の子でした(ダウンタイムは除く)。

千葉 CLUB SHINEは優雅に遊べるいちゃキャバ

千葉CLUB SHINEはまったりと女の子といちゃいちゃしたい人にとってもおすすめのいちゃキャバです。
優雅な雰囲気の内装でノリが良すぎないのが私の性格に合っていました。
反対にグループで来店して大人数で王様ゲームなどに興じたい人には向いていないかも。

こちらのコスチュームもシンプルながらも的確に男のツボを捉えているマニアックさが良かったです。
時間が経つにつれだんだんと乱れていくところも見所です。
さらにいちゃキャバにはめずらしいダウンタイムもあるのも注目ポイント。
開店時間が21時とやや遅めで待ちきれずにほかのお店に入ってしまおうかとも思いましたが、行って本当によかったです。

お得なクーポン券もあるので初来店の際には忘れずに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする