XANDYで朝からJK風美女と遊ぼう!

XANDYは千葉の中でも数少ない朝からやっているいちゃキャバです。
しかし、XANDYの凄いところは朝から遊べる点だけではありません。
かわいい女の子JK風コスプレをしてサービスをしてくれます。

JKと遊びたい願望を抱きつつも順法精神溢れる紳士の楽園がここに!

XANDYで朝からいけない遊びをしたい!

朝 時計朝からやっているキャバクラ、イチャキャバは本当にありがたいです。
分かっているんです、この手のお店の稼ぎ時が夜であることは。

しかし、私のような夜勤の仕事をしている人、昼夜逆転の生活を送っている人はなかなか「夜遊び」ができないんですよね。
私も仕事上がりに女の子に癒されたい!
そんな私に朗報!2019年7月にオープンしたXANDYはなんと朝4時から営業をしているのです!しかも店じまいが13時。
え、いいの?

夜勤仕事の私には嬉しいですが、普通のサラリーマンには厳しくないか?
とちょっと気になりましたが、まぁ、それは置いておいて。
そして女の子たちはなんとJK風制服着用!なんともいけない遊びができそうです♪もちろん、リアル女子高生はいないので手が後ろに回って人生破滅なんてことはありません。
JKが特別に好きというわけではないのですが、やっぱり遊ぶならば若い女の子がいい!
制服が似合う女の子ならば若い子がそろっている筈!

仕事上がりにビールを飲みながら若い女の子を侍らせる、なんとも素敵な遊びではありませんか。

XANDYは千葉中央駅からすぐ!

駅 日本XANDYは京成線「千葉中央駅」東口から徒歩1分とすぐ!「千葉駅」からは徒歩7分程とのことです。
雑居ビルの三階ですが、同じビルに制服クラブもあって、こっちもちょっと気になります。

XANDYは紺色のエレガントな看板が目印です。
JKのコスプレがコンセプトのいちゃキャバではありますが、内装はとくに学校を模しているという感じはありません。
教室風だったらイメクラになっちゃいますものね。
それに、学校の椅子よりもソファの方がいちゃいちゃしやすいですし。

店内は大きな衝立などはとくになく、奥まで見通せるような造りでした。
女の子にルール違反はしにくそうです。
もちろんしませんけれど。
手前が1人~少人数向けの席、奥が団体用の席という感じです。

私は1人なのでペアソファ席に通されました。
料金は1セット40分6,000円、TAXは20%、カード利用時は10%となっています。
同伴は2時間で3,000円です。
朝からどんな同伴をすればいいのか私には皆目見当つきませんが、遊び慣れた紳士ならば楽しいひと時を過ごすのでしょう。

新規客はクーポンの使用で1セットコミコミ5,000円とお得に遊べるのでお見逃しなく!

XANDYで朝からJK風美女との夢の時間!

女性 笑顔人のことは言えませんが、日もまだ登らないこんな時間から誰がいちゃキャバなどに来るのかと思っていましたが、意外とお客さんは入っているようでした。
朝からやっているいちゃキャバがこのエリアではここだけだから人が集まりやすいのでしょうか?

早い時間は私のような夜勤明けの人が多いようでしたが、少し時間が経つと定年退職したと思われる年配の方々が目立ってきたような気がします。
名古屋のモーニング感覚でしょうか?
(名古屋のモーニング食べたことありませんが)
まだ定年を迎える様な年齢ではないし、孫もいないけれど、リアル孫よりもいちゃキャバの女の子と遊ぶ方が楽しいのは私も何となく想像がつきます。

1人目

最初に隣に座ってくれたのは黒髪清楚にブラウス姿のA子ちゃん。
ブラウスの胸元には大きな赤いリボン、短いスカートからほっそりとした長い足が伸びています。
紺のハイソックスがキュッとくびれた足首のラインをきれい見せてくれていてグッド!

にっこりと笑って隣に座ってくれました。
このようなコスプレのいちゃキャバは衣装がペラペラのテカテカでしょぼいことがあるのですが、こちらの制服は生地がとてもしっかりとしていて、非常にリアルでよかったです。
やっぱり制服がしょぼいと白けてしまいますからね。
A子ちゃんはもう少しスカート丈が長ければそのまま外を普通に歩いていそうです。

そしてA子ちゃんも現役なのでは?
とドキドキしてしまうくらいお肌がすべすべ、とっても若いです。
「いくつ?」と聞いてみると19歳、専門学生さんだそうです。

ということはついこの前まで本当に高校生だったということですよね!
鼻息荒くして聞いたら高校の時はセーラー服だったからブレザーに憧れていたと恥ずかしそうに話してくれました。
セーラー服姿のA子ちゃんも見て見たかったなぁ。
ここで働いた後に学校に行くのだそう。
尊敬します。

A子ちゃんから手を握ってくれたのですべすべの手を堪能。
指が長くて手まで美人さんです。
ブラウスの上からですが、オッパイも巨乳とまではいきませんが、なかなかのものです。
さわっていい?」と聞くと恥ずかしそうにしながらもうなずいてくれたので手を載せてみます。
うわぁ、朝からこんなに素晴らしいものを触っていいなんて!
ふわふわのプルプルです。
感激してモミモミしていたらA子ちゃんが上から私の手をそっと押さえました。

甘えているようなしぐさですが、「これ以上はダメ」ってことかな?
嫌がられてもアレなのでそれ以上は力を入れず、感触だけを楽しみながらトークを楽しむことに。
私が仕事上がりだと伝えると「おつかれさま。
ゆっくり疲れをいやしてね」と素敵な笑顔で言ってくれました。

本当にいい子だなぁ。
A子ちゃんがぽつぽつと高校生だった頃の話をしてくれて、なんだか私まで若くなったような気分になりました。
柔らかそうな唇をみているとたまらない気持ちになり「キスしていい?」と聞いたら少し困った顔をされてしまいました。

残念。
そんなところで次の女の子に交代。

2人目

2人目のちょっとギャル風のB子ちゃんが来てくれたところでダウンタイム開始!そう、XANDYはいちゃキャバには珍しく20分に1度ダウンタイムがあるのです。

B子ちゃんは挨拶や自己紹介もほどほどに私の腰にまたぐように座り、体を摺り寄せてくれました。
暗くなった空間でふかふかの温かいオッパイが私の頬に容赦なくぶつかってきます。
腰も大胆に動かしてきてくれてたまりません。
事前に受けたボーイさんの説明によると女の子は脱がさなければお触りOKと言われていたのでお尻をもみもみ。

オッパイのやわらかさもいいですが、お尻の重量感のある弾力も好きです。
おそらくサービスでしょうけれど、お尻を触るのに合わせてため息をついたりあえいだりしてくれているのも非常にそそります。
顔を合わせたばかりでいきなり抱き合うとか、興奮するしかありません。
夢のようなダウンタイムが終わり、B子ちゃんと改めてご挨拶。

茶色に染めてパーマをかけた髪に大きなハイビスカス、マツゲはバサバサ、細い手首にはピンクのシュシュ、そして足元にはなんとルーズソックス!ひと昔前のコギャルスタイルを極めています。
今風のJKが昔のJKのコスプレをしているかのよう。
ルーズソックスに突っ込むと、ご年配のお客さんが喜ぶんだとか。
なるほど。

あと話のネタにもなるとのこと。
やっぱり客層はお年寄りが多いの?と聞くと、そのような人も多いですが、メインというほどではなく、私のような勤務体制の人、平日休みの人、営業のさぼり、そしてサラリーマンの朝活もいるようです。
サラリーマンの朝活は衝撃でした。

ここで女の子と遊んでから何食わぬ顔をして出勤とかすごすぎます。
私はキャバクラで遊んでから仕事行こうとか考えたことないです。
ダウンタイムである程度満足したし、B子ちゃんが話し上手なのでまったりとした雰囲気でいろいろ聞いてみました。
気になっていた同伴ってどんなことをするのと聞いたらカラオケが多いそうです。

確かに朝から遊べる場所といえばそれくらいか。
B子ちゃんが嬉しい同伴コースはおしゃれカフェで朝ごはん。
なるほど、夜の同伴だとそれなりの出費を覚悟しなければなりませんが、朝ごはんくらいならば懐の心配もせずに同伴を楽しめそうですし薄給の私にもハードルが低そうです。
今度やってみよう。

ちなみに同伴中に制服は着ないそうです。
当たり前か。
いくらリアル志向とはいえ、スカート短すぎて明らかにおかしいし、下手したら職質ものです。
B子ちゃんは一見強そうなギャルテイストですが、敬語とため口を上手に織り交ぜてとても話しやすくて性格のいい子です。

十代にも見えましたが22歳の大学生。
A子ちゃん同様、ここのシフトは働きやすいそうです。

3人目

B子ちゃんの次に隣に座ってくれたのはお姉さん系のC子ちゃん。

C子ちゃんはブラウスではなく、セーラー服でした。
胸元の赤いリボンがなまめかしいです。
私の通った学校はセーラー服なので胸に甘酸っぱいものがこみ上げてきます。
ただ、C子ちゃんはお姉さん系と言えば聞こえがいいですが、もっと単刀直入に言えば化粧が濃い。

A子ちゃんはいわゆるナチュラルメイク、B子ちゃんはギャルメイクだったので気が付きませんでしたが、JKの恰好のばっちり大人メイクはちょっと違和感。
真っ赤な唇、マットな肌質、きっちりと描かれたアイライン、隙の無い眉、計算しつくされたアイシャドウ、ベージュのマニキュア……。
C子ちゃん自身はとても美しい人でスタイル抜群なのですが、違う、そうじゃないという気持ちがこみ上げてきます。
C子ちゃんは礼儀正しく挨拶をして隣に座るとコップの水滴をぬぐってくれたりと非常に甲斐甲斐しい。

あまりのプロっぷりに最初は少し緊張しましたが、C子ちゃんが私の名前から血液型、手の形までとにかく何でもかんでも褒めてくれて次第にリラックス。
私もC子ちゃんのスタイルの良さやツヤのある髪を褒めるととても素敵な笑顔を見せてくれました。
ちょっと冷たそうな第一印象だったのでギャップにやられてしまいました。
すべすべで柔らかい脚もたまりません。

太ももに間に手を置くと脚と脚でムギュッと挟んでくれました。
手の平ももちろんですが、手の甲が柔らかくて暖かい太ももの肉に沈んでいく感触がたまりません。
そうこうしているうちにまたダウンタイム!
C子ちゃんはここでもプロの技を披露してくれました。

もうね、腰の押し付け方がすごいの。
これはやばい。
生殺し過ぎる。
耳元で吐息を聞かせてくれるのもたまりません。

胸ももちろんセーラー服の上からですが、触り放題。
いままでついてくれた女の子の中で1番大きい気がします。
夢のようなダウンタイムが終わって隣に座るとさっきまでの完璧な美しさはどこへやら。
少し頬を上気させ、髪が乱れていてとてもセクシーです。

なんだか興奮しちゃった。恥ずかしい」などといいながら髪をかき上げている姿が非常にかわいらしいです
セーラー服と化粧、そしてしぐさ表情のギャップがあり過ぎて、なるほど、リアリティだけが良さではないのだなとしみじみと思いました。
大人の女と少女のミックス具合はクセになりそうです。

随分こなれているのでこの業界は長いのかな?
と思いましたが、聞いてみたら今月から初めて、この手の仕事は(自称)初めてだと言っていました。
いかにも玄人っぽいなぁと思っていましたが、経験が浅いからこそ、「客受けのいい素人感」を身に着けておらず、一周回ってこのような隙のない夜の女(朝だけれど)になったようです。
それはむしろ、オイシイ。

転職のつなぎに働いているそうですが、転職先がなかなか見つからず苦労しているそう。
今日もこの後面接なんだとか。
頑張れ!でも仕事が決まってC子ちゃんはここやめてしまううのかなぁ。
それは少し寂しいかも。

なんて甘えていちゃいちゃ気分を堪能。

XANDYは朝からかわいい女の子と遊べて最高!

XANDYは朝4時から13時まで営業のいちゃキャバです。
朝から遊びたい!朝だからこそ遊びたい!という要望にばっちりとマッチ。
しかもJK風コスプレでの接客です。
それほど制服に興味がないという人でもこんなにかわいい女の子がそろっていると新しい扉を開いてしまうこと請け合いです。
制服はペラペラの安物ではなく、しっかりとしているのでもちろん、制服フェチの人も満足することでしょう。
女の子も制服が似合う若い女の子が中心で非常に質が高いです。
基本はいちゃキャバですが、ダウンタイムもあるのでかなり触れます。
少し日が高くなる時間の平日にビールを飲みながら女の子と遊び、「今頃、世のサラリーマンは仕事に追われているんだろうなぁ」などと思いをはせるのは堪らない優越感が味わえます。
まったりと遊べますが、グループで来て楽しんでいる席もありました。
定年後、一緒にいちゃキャバに行ける友人がいるとか、ちょっとうらやましいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする