船橋Secretで秘密の遊び

船橋シークレットは船橋エリアの中でも人気のいちゃキャバとして有名です。
ちょっとユニークな内装にもご注目!もちろん女の子もかわいい女の子がそろっています。

船橋Secretで秘密を作りたい

秘密大人の男ともなれば秘密の1つや2つ、3つや4つを作りたくなるものです。
ことに遊びに関してはなおさら。
妻のことは愛していますが、それはそれ、これはこれ、別腹です。
出張に出た先でくらい、羽を伸ばしたい。

船橋で有名なのはふなっしーですが、夜の遊び場所はどこがいいかな……そんな私の目に留まったのが船橋シークレット
ホームページのムチムチボディーがとってもおいしそう。
基本料金はいちゃキャバにしてはちょっと高い気がしますが、クーポンを使えば全然予算内です。
ホームページの女の子、けっこう顔を出してくれているのがまた好感度UP。

サラサラヘアの子が多いですね。
擦れてない感じがイイ!
あとそれから19時から空いているのも嬉しいですね。
あんまり帰りが遅くなりたくないので。

場所は京成線船橋駅から徒歩30秒と超好立地。
ホームぺージには道案内しますと書いていますが、全然必要ありません
いかにも大人の男の秘密の隠れ家!と言う感じの重厚な扉の向こうには……。

船橋Secretはサブカル感溢れるお店

ミラーボール船橋シークレットは入口こそよくある夜のお店って感じでしたが、一歩中に入るとサブカル感があふれ出してきました。
くるくるまわるミラーボール、ポップな色使い、落書き調(?)の壁が気、レンガ調のついたて、正直普段あまりこのような空間に身を置かないのでちょっと落ち着かない……
個性的な内装ですが、ロングソファと小さなテーブル、そして他のお客さんと視線が合わない配置は押さえてあります。

スタッフの人が最初にする説明も定番です。
お触り、キスは女の子が嫌がらない範囲で。
脱がすことと、下半身はダメ。

料金のシステムは以下の通りです。
1セット:40分
OPEN~LAST 7,000円
延長料
20分 4,000円
40分 7,000円
本指名  2,000円
場内指名 2,000円
延長指名 2,000円
同伴料
3,000円
キャストドリンク
1,000円~
TAX/サービス料 20%

いちゃキャバとしては基本料金がちょっとお高めですが、初回のクーポンを使うと1セットコミコミで5,000円から!
これならばドリンクもちょっとおごって予算内です。

船橋Secretでシークレットな夜♪

夜個性的な壁を見ながらビールをあおっているとなんとも言えない退廃的な気分になってきます。

そんなちょっといつもよりもワルになった私の元にやってきた女の子は真っ赤なタイトドレスが似合う女の子というよりオンナと表現したほうが似つかわしいA子ちゃん。
本当に日本人?
と聞きたくなるようなボン・キュッ・ボンです。
そして体の半分以上が脚!こんな女性と一緒に大通りを歩いてみたいものです。

もちろん、素晴らしいのはプロポーションだけではありません。
顔立ちも目、鼻、口それぞれのパーツが大きくて非常に華があります。
髪はつやつやさらさらで生活感を感じさせません。
「A子です。よろしくお願いします。」
「うわぁ、最初っから素敵な女の子がきてくれて嬉しいよ。座って座って、何か飲む?」と早速ドリンクを勧めます。

もともと延長する気はないし、クーポンでお得になった分、女の子に課金するつもりでした。
それならば好みが来た女の子がきたらさっさと奢るべしです。
私はかわいい女の子であっても、おねだりされると萎えてしまう性分ですし。
「わーい、ありがとうございます!!」A子ちゃん、大げさなくらい喜んでくれました。

A子ちゃんはオレンジジュース、私はビールで乾杯して自己紹介。
「A子ちゃんってスタイルいいし、目を大きいよね。もしかしてハーフとか?」
「クォーターなんですよ。祖父がロシア人なんです。」
「へぇー、だから脚長いんだね。」脚を褒めるとA子ちゃん、私の脚に脚を絡めてきました。
早速私は長い脚をなでなで。

しっかりと締まって若さと程よく鍛えられた肉が詰まっています。
「こんなに脚が長いとズボンの裾上げとか必要ないんじゃない?」
「んー、っていうか大抵のお店のズボンが短くてズボン難民なんですよ。」なんと、そんな悩みを持つ人間がこの世に存在するとは!そして、そんな贅沢過ぎる悩みを持つ脚が今、私の脚の上に……!

「じゃぁさ、ブラジャーも探すのに苦しているんじゃない?そんなに大きいと。いくつあるの?」
ドレスをグイグイと持ち上げているオッパイに目線を送って尋ねると、
「Fカップです。ブラジャーはあるにはあるんだけれど、やっぱりかわいいデザインは少なくて……」

いやいやいや、A子ちゃんが纏えばどれも素晴らしいブラジャーになります!
たとえベージュの矯正ブラジャーであっても!なんなら私の手ぶらでも!
A子ちゃんが私の熱弁に笑い転げていると部屋が暗くなり、ダウンタイムが始まりました。
「上乗っていいですか?」
「もちろん、もちろん。」失礼しまーすとA子ちゃん乗ってきます。

目の前に突き出されるFカップのお胸
「脱がしちゃだめなんだよね。」
「ごめんね、優しく触ってね。」
「うん、やさしくする。」というやり取りで手を伸ばしたものの、ひとたびその柔らかい胸の感触触れてしまうともう止まりません!
ヤバイ、指がどこまでも沈んでいくゾ!「これ、パイズリできるんじゃない?できるよね?」
「ふふ、手でやってみます?ここにこうして手を置いて……」
とA子ちゃん、私の右手を取り、胸の谷間に導きます。

そして両側から胸を押し付けてパイズリをしてくれるではありませんか!
ご丁寧に指先もペロペロとなめてくれます
手の平だけでなく、手の甲でも感じるオッパイのなんと心地よいことか……。

暗闇の中で艶やかな舌がチラチラ見えてなんとも淫靡です。
「最高だよ、A子ちゃん!指だけじゃなくてここ(口)にもキスして欲しいなぁ」とキスをおねだりしてみます。
A子ちゃんのキス、さっき頼んだオレンジジュースの甘酸っぱい味がしました。
キスはソフトキスにちょっと毛が生えた程度で歯は閉じられたままでしたが、ここで無理強いしても楽しくありません。

代わりに腰を思いっきりグラインドしてもらうことに。
A子ちゃんのロシアの流れを汲んだしっかりした骨盤が私の股間の上を激しく行ったり来たり。
A子ちゃんの荒い息遣いもあいまってムスコに熱を帯びてきます。
うわぁ、気持ちいいを通り越して苦しい!

そんな甘い地獄が終わった後はA子ちゃんと時間がくるまでまったりとトーク。
入店した直後は落ち着かないと思っていた壁紙もいいサカナになります。
ダウンタウンでイカした彼女と気だるいデートをしている気分です。
A子ちゃん、大人びているし、色気がムンムンなのでてっきり20代後半かなと見当をつけていましたが24歳だそうです。

これも白人の血かな?
普段は事務員さんをしているのだと教えてくれました。
やっぱり事務員さんはお給料あまり良くないそうな。

船橋Secretは男の隠れ家

船橋シークレットはまさに男の隠れ家と言うべき、いちゃキャバでした。
ポップな内装は賛否が分かれそうですが、女の子との会話に詰まった時などに助けられます。
たまにはこんな雰囲気のお店もいいですね。

女の子は若くてかわいい女の子が多かったように感じます。
コスチュームも結構ギリギリでイイ感じ。
いちゃキャバなのでできることは限られていますがダウンタイムもあります。
それから19時から開いているのもいいですね。

私のようにさっと遊んでさっと帰りたい人、次のお店に繰り出したい人などにとってとってもありがたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする