OPIは松戸かいわいで超人気店

OPI……その潔い店名(実際にはオーピーアイと読みます)のセクキャバは松戸かいわいでは大人気のセクキャバ、オッパブです。
女の子にこだわり、内装にこだわり、忘れられない夜を提供してくれるでしょう。

OPIでオッパイに溺れたい

胸知り合いから松戸にはすごいセクキャバがある、その名もOPI!
という情報を得てからもう気になってしょうがない日々が続きました。
ホームページを見てさらに私の期待は膨らみます。
爆乳が並んでいるではありませんか!うわぁ、このオッパイに顔をうずめたらきっと楽しいだろうなぁ。
また明日からも生きていけるって思うだろうなぁ。

どんなニオイがするのかなぁ?
しかも、このお店、年中無休なのもうれしいですね。
私は月曜日が休みの仕事なので遊ぶのならば日曜の夜がいいのですが、この手のお店は日曜がお休みというところも結構多いです。
OPIは内装も凝っているらしいですし、チャイナ服やセーラー服などのイベントも多いらしい。

さらに雨の日割り誕生日割などもあるとか。
誕生日はこの間迎えてしまったばかりなので、次の日曜日に雨ごいをするばかりでしたが、残念ながら降りませんでした。
しかーし、大丈夫!普通にクーポンもあります。
なんと新規客は22時までに来店すれば40分2,000円から!これは安い!安くて心配になってしまうレベルですが、とにかく行くしかありません。

年中無休の代わりに始まる時間は21時からとやや遅めですが、腹ごしらえをしてGO!各線松戸駅西口から徒歩2分の場所にあります。
ちょっとくたびれた雑居ビルの5階です。

OPIは大人のエッチな空間

ブラックライトビルこそちょっと古めで少し引いてしまいましたが、私にOPIの良さを熱弁してくれた知り合いを信じて扉を開けると、まるで異空間に転移してしまったのではないか?

と心配になるほど雰囲気のある内装が私を待っていました。
ソファも壁も床もとにかく真っ黒な中にブラックライトやネオンでお酒のボトルやメニュー表、装飾などが照らし出され、非常に幻想的で、そしてエロイです。
大人の男だけに許される紳士な隠れ家とでも表現しましょうか……。
そこに行き交う白いワイシャツを着た若い娘たち……。

料金システムは以下の通りになります。
1セット:40分
21時~22時 6,000円
22時以降   8,000円
延長
20分 4,000円
40分 8,000円
本指名  2,000円
場内指名 2,000円
延長指名 2,000円
同伴2set 3000円
キャストドリンク 1,000円~
TAX/サービス料が10%

飲み放題メニューは定番に加えてカクテルなどかなり種類が豊富なのもうれしいです。
基本料金は相場といったところですが、クーポンを使って22時までに入店すれば激安になります。
お決まりの説明を受けて、口と手をきれいにしたらあとは女の子を待つだけ!

OPIでワイシャツのボタンを外す楽しみ♪

シャツ 女性暗い店内に目が慣れてきた頃、A子ちゃんがやってきました。
真っ白でちょっと大きめのワイシャツをダボっと着こなし、脚は男のロマン、ガーターベルトがチラリズム。
大きな目が勝気な印象を与えます。

「A子です。よろしくお願いします。」
「あ、どうもよろしくおねがいします。嬉しいよ、こんなにかわいい女の子がきてくれるなんて。」
A子ちゃん、顔も声も体もかなり私のタイプです。
クーポンで安く遊べることもあってさっそく1杯おごっちゃいます。
「わーい、ありがとうございまーす。」
A子ちゃん、大げさに喜び、私に抱き着いてきます。
その際に私の二の腕にオッパイをむにゅうっと押し付けるのも忘れません。
「オッパイ、大きいね。嬉しくなっちゃう。」
「Fカップなので楽しんでいってくださいね。」
私の2杯目のビールとA子ちゃんのレモンソーダで乾杯。
しばし雑談をします。

A子ちゃん、本業もサービス業をやっていて、月曜休みだから日曜の夜に働けるこのお店はとても働きやすいのだとか。
「休日まで働いてえらいねー。」
「私、話すの好きだし、このお店のお客さん優しいから全然大丈夫ですよ。」

イイ感じに恋人っぽい雰囲気ができてきたところでお待ちかねのダウンタイム。
「私、少し重いけれど、乗っても大丈夫かな?」
「全然重そうに見えないよー。遠慮せずにおいでおいで。」
と私の上に乗ってもらいます。
むっちりボディなのでそれなりに目方はありますが、全然大丈夫です。
「まずはキスしていい?」と聞くとA子ちゃん、私の頬に手を添え、丁寧なキスをしてくれました。

激しくはないけれど深いディープキス
あまりにも長く続くので頭がくらくらしてきます。
キスが終わった後はA子ちゃん、「じゃぁ脱ぎますねーとワイシャツのボタンをはずし始めたのでここで私がストップをかけます。
「俺がボタン外していい?夢だったんだよね。かわいい女の子のワイシャツのボタンを外すの。」
「じゃぁ、一杯夢をかなえてくださいね。」とA子ちゃんご丁寧にボタンを一番上まで止めてから胸を突き出してきました。

一個一個ボタンを外すたびに露になっていく女の白い柔肌……。
これをロマンと言わず、なんと言おう……。
ワイシャツの下は黒いエロエロのブラジャーでした。
おっぱいを両側から持ち上げたりもみももいしたり顔を突っ込んでみたり思う存分遊びます。

ワイシャツからの清潔な香りA子ちゃんの胸からの肌のにおいがあいまってもうクラクラ。
A子ちゃん、感度がいいのかどんどん喘ぎ声が大きくなって私の方が心配になってしまうくらい。
「そんなに感じやすくて大丈夫?」
「ん、お客さんの攻め方がうまいから……。いつもはこんなにならないもん。」
何とも可愛いことを言ってくれるではありませんか。
胸を堪能した後はお尻にも手を伸ばしてみます。
オッパイとはまた別の感触がこれまたいい。

A子ちゃんも腰をぐいぐい押し付けては動かし、反撃をしてきます。
スピード、動かし方、力の入れ方のセンスが絶妙で、愚息は元気もりもり過ぎてむしろ苦しいくらい。
もう気持ちいいのか苦しいのか分からないようなダウンタイムでした。
「すごい良かったよ、A子ちゃん。」
「ほんとう?私も夢中になっちゃった。」
頬を上気させているA子ちゃんを見るとどっちがサービスしたのかわからなくなってしまいそうです。
「ワイシャツのボタンを留めるのもやらせてくれる?」
「じゃぁ、お願いします。」
そんなわけでさっき自分が外したボタンを1つ1つ閉じていきます。
宝物に封をしていく気分です。

時折さりげなーく手の甲でおっぱいに触れるのもちょっと楽しい。
熱心にボタンを留める私を見てA子ちゃんが「そんなの楽しい?」と聞いてきますが、楽しいに決まっているじゃないですか!
スタッフが来たとき、ちょっと他の女の子にも興味はあったもののA子ちゃんよりもいい子が次に来る保証もないので指名をしてもう少し遊びました。

こうやって遊べるのもお得なクーポンのおかげです。

OPIは自分を解放できるセクキャバ

OPIは外観から想像できないくらいラグジュアリーなセクキャバです。
暗闇の中で浮かび上がるワイシャツ美女のなんと妖艶なことか……。

ちょっと暗いお店ではありますが、女の子とそのサービスは非常に満足できるものでありました。
イベントもよく開催しているらしいので今度はイベントを狙って行ってみようかなと思っています。
そして、このお店、クーポンがとてもお得で感激しました。
21時から22時までと限られた時間ではありますが、1セット2,000円のクーポンはそうそうありません。

指名やキャストドリンクなども気軽に入れられるお値段なのでとても楽しい夜を過ごすことができました。
ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする