西葛西HOLIC×HOLICはクセになる人続出のキケンなオミセ

西葛西にあるホリックホリックはその名の通り、中毒になってしまう紳士が後を絶たない非常にキケンなセクキャバであります。
フリーで入っても満足確実の美女がそろい、心も体も触れ合いまくり。
コスプレイベントも頻繁に行っているのでいつ遊びに行っても新鮮です。

西葛西HOLIC×HOLICはクセになるらしい

夜夜遊び仲間からの情報によると西葛西にあるホリックホリックは非常に良店らしい。
西葛西と言えば夜遊び好きでは知らない人はいないほどの激戦区で、セクキャバよりももっと濃厚なサービスをしてくれるお店も乱立しています。
しかし、その中でもホリックホリックは特別らしい。

なんでも女の子が超一流、且つ、コスプレイベント目白押しだとか。
ふむ、コスプレとな……。
私はコスプレが超超好き!って訳ではありませんが、コスプレしてない女の子とコスプレしている女の子ならばコスプレしている女の子と遊びたい!コスプレしているとエロイのもそうですが、なによりも話題のきっかけに困らないんですよね。
プレイにも興じやすいし。

ホームページをチェックしてみると、花魁、ナース、ミニスカポリス、制服、チャイナドレス、ワイシャツ……ウホッ、いいですな、いいですな。
その中でもチラリズムのロマン溢れるチャイナドレスと花魁が気になったのですがスケジュール的にいろいろあって、ミニスカポリスの日に突撃
女の子はホームぺージで見る限り「普通にかわいい」女の子がメインと言った感じです。
場所は西葛西駅の南口から徒歩1分。

やっぱり近いのは嬉しいですね。
年中無休で19時から営業なのも「行きたいな」と思ったら気軽に行けていいなぁ。

西葛西HOLIC×HOLICは赤いソファの淫靡なお店

赤 ソファホリックホリックは赤いラブソファが印象的な内装です。

照明は程よく明るく、女の子がしっかりと見えます。
上から降りそそぐ黄金の光の眩しさよ……。
照明の明るさと衝立の少なさから解放感がありますが、ソファの配置的に他のお客さんと目が合わないので安心して遊べます。
愛想のよいスタッフさんからセクキャバお決まりのルールを聞いて、クーポンが使えることを確認し、手と口を洗って準備万端!

料金のシステムは以下の通りです。
1セット:40分
19:00~21:00 \5,000
21:00~LAST  \7,000
延長料金(20min) \4,000
延長料金(40min) \7,000
本指名・延長指名・場内指名 各\2,000
キャストドリンク \1,000~
TAX/20%
まぁまぁ、相場の料金ですね。
今回は早い時間に入店したのと、クーポンを使うので1セット3,500円です。
お得になった分、キャストドリンクにでも回しましょう。

飲み放題メニューにビールがないのが少し寂しいですが、まぁ、ビールを飲みに来たわけではないのでグダグダ言いません。

西葛西HOLIC×HOLICでエロエロ婦警に逮捕される

警察 女性赤いソファに腰を沈め、ドキドキしながら待っていると来てくれました!
ドスケベ婦警さん!
紺色のミニスカートからむっちりとした肉付きの良い脚を出し、水色の半そでのワイシャツを盛り上げる二つの山!ご丁寧にポリスの腕章までつけています。

あれ、警察の帽子ってこんなに大きかったっけ?
と思ってしまうほど小さな顔!顔は小さいですが、目は大きく、泣き黒子と相まって非常にコケティッシュな雰囲気のある女の子です。
長い髪は少しカールして背中へと流れていました。
フリーでも指名しなくても満足する女の子がサービスしてくれるという前情報に偽りはありませんでした!

「よろしくお願いします。A子です。」
「うわぁ、かわいいな。何か飲む?」
元々クーポンでお得になった分はキャストドリンクに使うつもりでしたし、1セットで返るつもりだったので早速おごります。
おねだりされるのはあまり好きではないので。
A子ちゃん「わーい、やったー」といそいそとメニュー表を手に取ります。

キャストドリンクはシングル1,000円とダブル3,000円。
桜貝のような爪のきれいな指がツツツとダブルのところを示し、そして私の顔を見てシングルの方へ切り替えられました。
ごめんよ、おごると言っておきながら甲斐性の無い男で。
それでもニコニコとシングルのコップで乾杯してくれるA子ちゃん、いい子だ。

A子ちゃん、脚をゆっくりと組み替えてくれます。
「それにしてもミニスカポリス、いいねぇ。こないだ交通違反の切符切ってきた婦警さん、樽のようなオバサンでさぁ。」
「あはは、それは残念だったねぇ。私が逮捕し直してあげましょうか?」早速お巡りさんごっこ開始です。
「こんな美人に逮捕されるならば本望です!でも、まだ何もイケナイことしていないからなぁ。」
「うふふ、これからイケナイコトしちゃいましょっか?」

A子ちゃん、ニコニコしながら私の手を胸の上に置きます。
「優しくしてね」いやいや、それは無理な相談です。
A子ちゃんの胸、極上の柔らかさとボリュームで私の愚かな手は力の抜き方を忘れてしまったようです。

もうひたすらモミモミマシーンと化しました。
「ね、ねぇ、お巡りさん、ワイシャツのボタンをはずしてもいいでしょうか?」ダメ元でおねだり!」
「うーん、3個まで!」お許しが出たのでボタンをはずし、そしてその間から腕を突っ込んで今度は生乳をいただきます。
うぉぉぉ!吸い付くような肌とはまさにA子ちゃんの胸のためにあるような言葉!

暫く揉んでいるとA子ちゃんに手首を抑えられてしまいました。
しまった夢中になり過ぎて怒らせてしまったかと焦るも、A子ちゃん、私の手首に柔らかい唇を押し当てたあと、ニヤリと笑って
「さーて、十分悪いことしたから逮捕されて取り調べを受けてね」と攻守交替宣言。
さっきまでされるがままだったA子ちゃんなのに突如としてSっ気のある表情を見せてきます。

「まずは被疑者の身体チェックでーす。」
と細長い指で私の前身をまさぐってきます。
「ん?これは何かな?」と乳首をツンツン「ち、乳首であります!」
「ふむ、怪しいな。もう少し調べてみるか。」厳しい取り調べはまだまだ続きます。
「ん?これはなんだ!何を隠しているのかな?」さらに手は下って盛り上がっている股間をなでなで。
「あ、あ、それは……」
「なんだ?隠し立てするとためにならないよ。」さらにウリウリ。

こんなにA子ちゃんはSっ子だったとは……。
愚息、大喜びで私たじたじです。
そして、さらには私の上にまたがってくるではありませんか!さっき私が乱したままのA子ちゃんの胸元が眼前に迫ります。

「うふふ、まだまだ取り調べは続きますよ。被疑者は、次は口を開けなさい」
もうどうにでもして!という気持ちで口を開けると口移しで氷を入れられました。
A子ちゃんの唾液とお酒を纏った冷たくて甘い氷、とっても美味しいご褒美でした。
「ふふふ。かわいいなぁ。」
A子ちゃん、小悪魔的な笑みを見せながら氷をさらに追加。
私の口がパンクしてギブするまで続けられました。

いやぁ、A子ちゃんは初対面の時とは印象全然違い、すっかり翻弄されてしまいましたよ

西葛西HOLIC×HOLICは中毒注意!

葛西ホリックホリックは素敵な女の子とサービスで中毒注意のお店でした。
ご近所ならば通い詰めて破滅まっしぐらが確定です。
アブナイアブナイ。
この手のお店の中ではそれほど暗くないので、かわいい女の子がそろっているのが良く分かります。

コスプレイベントも頻繁にやっているので、好きな人にはたまりません。
キャストドリンクはちょっと高いものもありますが、基本料金がそれほど高くないのでお気に入りの女の子に奢ってあげてもいいですね。
とっても楽しい夜でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする