錦糸町大江戸朝昼はセクキャバ和風パブ!

錦町大江戸朝昼は名前の通り、明るい時間帯から遊べる和風のセクキャバです。
和風とはただ、内装が和風なだけではありません!女の子がはだけやすい浴衣をまとい、しかもお座敷で添い寝接客!!
和風のエロを堪能したいという人にぴったりのお店です。

錦糸町大江戸朝昼は明るいうちからイケナイことができるとな!!

昼錦糸町にはセクキャバがいっぱいあります。
とはいえ、少し飽きてきたな……たまには趣向を変えたお店に……と思っていたところ、見つけました!錦糸町大江戸朝昼!
このお店、ただのセクキャバではありません!和風のセクキャバ!!
和風といってもちょっと内装を和風チックにしただけでなく、ガッツリ障子の和室!
そして女の子は和装!!

極彩色のホームページの写真を見ただけでももう頭がクラクラしてきます。
もう、バスタオルですか!と言わんばかりの防御力ではありませんか!これをはだけさせて……想像しただけでたまりません。
バスローブとはまた違ったロマンがあります。
さらに、んん?

ホームページを見るとセクキャバには絶対あるはずのアレらがない!
そう!ソファとドリンクテーブルです!
と、なると……なんと添い寝接客!!
マジか……セクキャバもとうとうここまで進化を遂げていたのか。

大江戸は朝9時から営業をしていますが、早い時間の方がちょっと料金はお得ですね。
さらに、クーポンを使って40分6,000円に!クーポンを使っても決して激安ではありませんが、これだけ楽しそうなコンセプトのお店ですから納得の料金です。
この前休日出勤したのでその代休を使って遊びに行きましょう!

みんなが働いている平日の昼間からビールを舐めて和服美女とイチャイチャするとか、贅沢の極みですね。
昼間に行くとやっぱりサービスしてくれる女の子は人妻が多いのかな?
人妻が特別好きなわけではありませんが、人妻が嫌いなわけでもありません。
場所はJR錦糸町駅南口から徒歩3分、地下一階のお店。

ちょっと秘密基地感ありますね。

錦糸町大江戸朝昼で吉原にタイムスリップ!

時間旅行錦糸町大江戸は和風の内装なので靴を脱いで上がらなければなりません。
靴を脱ぐというだけでもなんだか既に解放感が……。

入口以外は全て障子で囲まれているので和風間たっぷりです。
障子自体は高さがありませんが、座ると人目は気にならなくなります。
ブースは広々しているわけではありませんが、寝転がることができます。
ここに和装の女の子が黒髪を扇のように広げて寝そべるとか……想像するとすでにヤバい。

興奮するのか落ち着くのかよく分からない気持ちになってきます。
物腰の柔らかいスタッフの人が説明をしてくれます。
基本的には普通のセクキャバと一緒。
下半身はダメ。

あと、添い寝はOKですが、女の子を下に組み敷くのもNGだそうです。
盛り上がるとうっかりやってしまいそうなので気を付けなければ。
手を洗い、歯磨きをしていよいよ女の子が来るのを待ちます。
料金システムは以下の通りです。

9:00~16:59 40分7,000円 60分9,000円 80分12,000円
17:00~19:59 40分7,000円 60分10,000円 80分13,000円
20:00~22:59 40分9,000円 60分12,000円 80分15,000円
23:00~LAST 40分10,000円 60分13,000円 80分16,000円
指名 20分2,000円

あと、このお店はちょっと珍しいことに手数料なしでクレジットカードが使えます。

一応有料ドリンクもありますが、女の子も飲み放題です。

錦糸町大江戸朝昼で魅惑の和風エロ

畳極彩色の布を体に巻き付けた美女が行きかう大江戸。
私のところにはどんな女の子が来てくれるのかな、オッパイが大きい子がいいなと思いながらソワソワと待つことしばし。
「よろしくお願いしまーす」と鈴を転がすような音ともに現れたのは……!

1人目

A子ちゃんは白い肌に赤い着物がよく映える和風美人でした。
餅のような白くて柔らかそうな肢体、ちょっとむっちりとした体形と下膨れの優しそうな顔立ち、そしてたっぷりとした黒髪。
申し分ありません!よく見ると口元にほくろがあってこれもなんとも色っぽい!年のころは30歳前後でしょうか?
まさに女ざかり!

「A子です、よろしくお願いします。」
「うわぁ、正統派和風美人だ。嬉しいな。」
「ありがとうございます。」
「すっごい、そのコスチュームに合っているよ。やっぱり和装はいいねぇ。」
「でも、ちょっと恥ずかしくて……。」丈の短い着物で脚を隠そうともじもじ。

いきなり女の子の肌に触るのもアレなのでコスチュームの方を触らせてもらいます。
鮮やかで派手ではありますが、ペラペラしていて、「なんちゃって和装」。
ですが、ここにリアリティは求めていないので問題ありません。
「こんな時間から働いているってことはもしかして人妻?」

何となく彼女からは人妻のニオイがするのです。
果たして正解!ではでは、不倫ごっこの始まりです。
禁断の恋ほど興奮するものはありません。
「ご主人知っているの?」
「奥さん、おれはもう……!」
から始まり攻めていきます。
A子ちゃんもノリノリで
「主人には内密に……。」
「いけないわ、私……。」
と言いながらも私といちゃいちゃ。

着物を寛げるとちょっと垂れていますが、大きな胸がプリンと出てきました。
「触ってもいい?」と聞くとこういうのは?」と添い寝から身を起こし、私の顔の上に四つん這いになってオッパイをおろしてきました。

上から迫ってくる巨乳の迫力たるや!向き合って横から揉むのとはわけが違います。
柔らかいオッパイとコリコリとした乳首を思う存分下から楽しみます。
A子ちゃんも感じてきているようで時折ブルブルと乳房と腰が揺れるのがたまりません。
黒髪もバサバサと揺れ、そのたびにA子ちゃんの甘いニオイが濃くなります。

乳首を口に含むとふわふわとして非常に柔らかい。
でも舐めているうちに乳首がどんどんと硬くなってきてヤミツキになります。
オッパイを堪能した後、「キスもしてくれる?」お願いするとA子ちゃん、軽く私の唇にキス

おいおい、それはないだろう?
私の不満そうな顔を見てか、もう一度深くキス。
今度はよだれたっぷりのエロティックなのをしてくれました。
それからA子ちゃん、おもむろに私の股間に手を伸ばします。

実はもうさっきから股間が苦しくて苦しくて……
セクキャバなので出すこともできず、愚息が狭い狭いとわめいています。
A子ちゃん、なんとも悪戯っぽい笑顔でイタズラをしかけてきて私たじたじ。
黒子フェチというわけではありませんが、A子ちゃんが笑うのにつられて動く口元のほくろが非常にそそります。
おもらし寸前のところでスタッフの人来て交代時間。

A子ちゃんが「もっと遊びたい」と延長をお願いしてきましたが、せっかくなので他の女の子とも遊びたく、お断り。
どうもありがとうございました。

2人目

2人目は白系のコスチュームを纏った細身の女の子B子ちゃん。

帯で細い腰がキュッとしまっているのがいいですね。
目がクリっとしていてかなり若く、人妻臭はしません。
健康的なエロスがスレンダーな体に詰まっている感じです。
「よろしく、すっごく若いね!かわいい!」B子ちゃんは22歳の学生さんで、今日は授業がない日なのだとか。

1人暮らしの生活が何かと大変なので生活費の足しにしているのだとか。
最近の学生さんはえらいなぁ。
「この仕事はシフトの融通聞きやすいし。がっつり風俗はちょっと怖いけれど、ここは楽しいの。」
楽しくお仕事している女の子の接客はこちらも楽しくなります。
さっそく添い寝
B子ちゃんのお胸はあまり大きくありませんが、横に寝そべるとコスチュームの間に谷間が発生してまことに良き長めであります。

少しなでなでしながら雑談。
向き合った後、ちょっとB子ちゃんに後ろを向いてもらいます。
着物の醍醐味は後ろにもあります。
そう!うなじ!

髪の毛をかき上げて細い首、華奢な肩とするするとコスチュームをおろしていくB子ちゃん。
正直申しますと、第一印象はちょっと若くてスレンダー過ぎて物足りないかな?
と思ったのですが、撤回します!
と、途中ではだけるのストップ。

ここでB子ちゃん、「あー、喉乾いちゃったな。」このお店は女の子も飲み放題なのですが、B子ちゃんが言いたいのはもちろん、そんなことではございません。
席に着くなりなんのサービスもしないままにドリンクをねだられるのは萎えてしまいますが、既にB子ちゃんにはいろいろと楽しませてもらっています。
しかも22歳!

生オッパイ揉ませてもらうという約束を取り付け、注文
B子ちゃんの「前から恥ずかしい」というお言葉により、後ろから抱きかかえるような恰好でモミモミ。
ボリュームはちょっと控えめではありますが、ハリがあって良いオッパイです。
乳首もツンとたって非常に愛らしい。

そしてB子ちゃんの何より素晴らしいところが、感度の良さ&声!触り始めはひんやりとした冷たい肌だったのに、こねているうちにだんだんと温かくなるし、肌も上気してきました。
そして、ちょっと低めで堪えて堪えてそして漏らしてしまうため息のような喘ぎ声は非常に注ぎます。
もう、本当にまだ22歳なの?
と疑わしくなってしまうほど。

もうB子ちゃんどんな顔をしているのか見たくて見たくてたまりませんでしたが、顔だけはかたくなに「恥ずかしいから。
「あたし、変な顔をしているから。」と見せてくれません。
絶対に変な顔じゃなくてかわいい顔なのに……。

でも本気で嫌がっているようなのでここはグッと我慢。
機嫌を損ねてしまっては元も子もありません。
そして、私もそろそろ股間が苦しい……。
胸から手を放し、こちらを向いてくれるようにお願いします。

B子ちゃん、荒れた呼吸とコスチュームを整えながら顔を見せてくれます。
和装は乱すのもいいですが、整えるしぐさもまた良いものですね。
B子ちゃん、かわいい顔をしているので、このコスチュームでなくても、たとえはキャバ嬢が良く着る様なミニドレスでも十分に魅力的だと思うのですが、和装だからこそのつつましやかな色気が醸し出されるような気がします。

「キス、して欲しいな。」
「はーい。」B子ちゃん、従順に私に顔を近づけ、キス。
が、従順だったのはここまででした。
完全に主導権を握られました。

深くキスをすることこそないですが、チュッチュッチュッと音を立ててリズミカルにか私の唇と言わず、顔をB子ちゃんの唇が弾んでいきます。
B子ちゃんの唇はもう柔らかくて、グミ?
マシュマロ?
そしてとってもいい匂いがします。
ディープキスをしてB子ちゃんを奥の奥まで味わいたかったのですが、ここでも強気になれない私……。
後は時間が来るまでB子ちゃんが得意だというマッサージ、雑談をしながらやってもらいました。
寝そべった私の上にB子ちゃんが乗り、肩や腰をグイグイと押します。
B子ちゃんの細腕、細指じゃぁ物足りないかなぁ、まぁ、これはB子ちゃんがやってくれることに意味があるのだし、と思っていたらB子ちゃん、本当にうまかったです。

手じゃなくて肘とか膝とかを使ってグリグリやってくれるので奥まで効きます。
「ぐえっ」とか「うぉっ」とか変な声が出ちゃいました。
時折、B子ちゃんが小尻をグイグイと押しつけてくるのも気持ちいいです。
B子ちゃん、細身なので全体重をかけられても大丈夫です。
最後の方は思いっきりストレッチで肩甲骨を伸ばされてもはや気持ちいのか痛いのか分からなくなったところで時間になりました。

楽しすぎて延長したいところですが、オーバーで後悔することが目に見えていたので今日のところはサヨウナラ。
また機会があったら遊びに来たいと思います。

錦糸町大江戸朝昼で濃厚な和風エロ

錦糸町大江戸朝昼は非常にそそるコンセプトのセクキャバでした。
セクキャバと言えばソファで女の子とイチャイチャがデフォルトですが、このお店はなんとお座敷!
ソファがないからこそ、添い寝をはじめとする女の子との様々な体勢が楽しめます。
特に、女の子に押し倒されるというのは非常に興奮しました。

それからコスチュームも最高でした。
高級感はさすがにないものの、色気はたっぷりです。
無限の可能性を感じさせてくれます。
脱がしやすいのが非常に良いですね。
そして、和装のせいか、女の子の所作が非常に楚々としていて、色っぽい。
朝からやっているのもいいですね。
夜よりも安く遊べるし、より「イケナイコト」をしている感が味わえます。
ただ、やはり昼間の時間帯は出勤している女の子が少なく、タイミングによってはちょっと待つこともあるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする